So-net無料ブログ作成
検索選択

西国三十三箇所第31番 滋賀県近江八幡市「姨綺耶山 長命寺」 [西国33箇所]

観音正寺にお参りした後行く道で軽く昼食を採りこの長命寺に行きました。ここは駐車場からなら180段位ですが、ふもとから上がれば800段以上の階段です。私たちは駐車場から上がることにしました。

長命寺は、滋賀県近江八幡市にある寺院、山号は姨綺耶山(いきやさん)。西国三十三所第三十一番札所であります。天台宗系単立聖徳太子の開基と伝えられています。
31bancyomeiji.jpg

琵琶湖畔にそびえる長命寺山の山腹に位置し、麓から本堂に至る800段余の長い階段で知られる。かつての巡礼者は、三十番札所の竹生島宝厳寺から船で長命寺に参詣したという。

伝承によれば、第12代景行天皇の時代に、武内宿禰がこの地で柳の木に「寿命長遠諸願成就」と彫り長寿を祈願した。このため宿禰は300歳の長命を保ったと伝えられる。

その後、聖徳太子がこの地に赴いた際、宿禰が祈願した際に彫った文字を発見したという。これに感銘を受けてながめていると白髪の老人が現れ、その木で仏像を彫りこの地に安置するよう告げた。

太子は早速、十一面観音を彫りこの地に安置した。太子は宿禰の長寿にあやかり、当寺を長命寺と名付けたと伝えられている。その名の通り、参拝すると長生きすると言い伝えられている。

実際の創建年次や創建の事情については未詳であり、確実な史料における長命寺の初見は、1074年3月2日付の「奥島庄司土師宿禰助正解文」という文書である。

長命寺には中世以降の文書が豊富に残されている。それによると、中世の長命寺は比叡山(延暦寺)西塔の別院としての地位を保ち、近江守護佐々木氏の崇敬と庇護を受けて栄えていた。しかし、1516年、佐々木氏と伊庭氏の対立による兵火により伽藍は全焼。現存する堂宇は室町時代から近世初期にかけて再建されたものである。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

西国三十三箇所第32番 滋賀県近江八幡市「繖山 観音正寺」 [西国33箇所]

連休明けの11月24日に行って来ましたさすがに難所の約440段の階段を上がってきました。

観音正寺は、滋賀県近江八幡市安土町石寺にある仏教寺院で宗旨は天台宗系の単立、山号は繖山(きぬがささん)本尊は千手観音で西国三十三所第32番札所です。
32bankannonsyouji.jpg

琵琶湖の東岸、標高433メートルの繖山(きぬがさやま)の山頂近くに位置する。伝承によれば、推古天皇13年(605年)、聖徳太子がこの地を訪れ、自刻の千手観音を祀ったのに始まるという。聖徳太子はこの地を訪れた際に出会った「人魚」の願いにより一寺を建立したという。

その人魚は、前世が漁師であり、殺生を業としていたために人魚に生まれ変わり苦しんでいたという。寺にはその人魚のミイラと称するものが伝えられていたが、1993年火災で焼失した。

観音正寺が位置する繖山には、室町時代以来近江国南半部を支配した佐々木六角氏の居城である観音寺城があり、寺は佐々木六角氏の庇護を得て栄えた。観音寺城は1568年、織田信長の軍勢に攻められて落城。数年後には佐々木六角氏所縁の観音正寺も焼き討ちに遭い、全焼した。再興されたのは1596年 - 1615年のことである。

観音正寺の本堂は1993年に失火で焼失した。交通の不便な山中にある寺院のため、消火活動もままならず、重要文化財に指定されていた本尊千手観音立像も焼失した。現在ある木造入母屋造の本堂は2004年に再建されたものである。

新たに造立された本尊千手観音坐像は仏師松本明慶の作。旧本尊が1メートル足らずの立像であったのに対し、像高3.56メートル、光背を含めた総高6.3メートルの巨大な坐像である。

像はインドから輸入した23トンもの白檀を素材に作られている。白檀は輸出禁制品であったが、観音正寺の住職が、20数回インドを訪れ、たび重なる交渉の後、特例措置として日本への輸出が認められたものであるという。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

西国三十三箇所 第6番 「壺阪山 壺阪寺」 [西国33箇所]

今回のツアー最後に訪問した壷阪寺此処には大きな石像がたくさん有りました。観音様の立像お釈迦様の涅槃像など座像などもかなりの数有りました。お天気が良ければまだ機敏に動けて見れるんだったんですが、雨はいけませんね~(;´・ω・)
6bantsubosaka.jpg

南に桜の名所吉野山を控え北に万葉のふるさと大和三山奈良盆地を一望におさめる壷阪の山に建つ。703年に元興寺の僧弁基上人がこの山で修行していたところ、愛用の水晶の壺を坂の上の庵におさめ、感得した観音様のお姿を模刻してまつったのが始まりという。

礼堂に続く本堂八角円堂におわすご本尊は、十一面千手観世大菩薩。胸の前に手を合わせ法力を携えたお姿で衆生救済への力強い意地を感じさせる。殊に眼病に霊験あらたかな観音様、目の観音さまとして、広く信仰を集めてきました。

寺域の山の斜面には、インド天竺渡来の高さ20mの白い大観音石像が立ち、荘厳ながらも安らいだ空気をあたりに漂わせている。また、大観音石像の下には大涅槃石像も安置されている。北方への視界が開け、畝傍山から甘樫丘、明日香の里を始め、遠く二上山、葛城山、生駒山も一望できて、歴史ロマンも楽しめる。

春から初夏にかけて、やまぶき、つつじ、ラベンダーが咲き誇り、秋には境内一円のもみじ周辺の山々が色づき山寺独特の鮮やかな紅葉の風景が広がります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

西国三十三箇所 第7番 「東光山 岡寺」(龍蓋寺)りゅうがいじ [西国33箇所]

岡寺は、奈良県高市郡明日香村にある真言宗豊山派の寺院。山号は東光山、寺号は龍蓋寺(りゅうがいじ)とも称し、詳しくは東光山真珠院龍蓋寺という。本尊は如意輪観音。西国三十三所第7番札所である。
7banokadera.jpg

東大寺要録』「義淵伝」、『扶桑略記』等によれば、天武天皇の皇子で27歳で早世した草壁皇子の住んだ岡宮の跡に義淵僧正が創建したとされる。史料上の初見は、740年7月の写経所啓である。

現在の寺域は明日香村の東にある岡山の中腹に位置するが、寺の西に隣接する治田神社(はるたじんじゃ)境内からは奈良時代前期にさかのぼる古瓦が発掘されており、創建当時の岡寺は現在の治田神社の位置にあったものと推定されている。寺跡は2005年に「岡寺跡」として国の史跡に指定された。

現在では真言宗豊山派の寺院だが、義淵僧正は日本の法相宗の祖であり、その門下には東大寺創建に関わった良弁や行基などがいた。義淵僧正が法相宗の祖とされていたため、江戸時代までは興福寺の末寺であった。江戸時代以降は長谷寺の末寺となった。

前述のように、当寺院には「岡寺」「龍蓋寺」の2つの寺号がある。「岡寺」は地名に由来する寺号、「龍蓋寺」は法号である。仁王門前の石柱には「西国七番霊場 岡寺」とあり、通常はもっぱら「岡寺」の呼称が用いられている。

宗教法人としての登録名も「岡寺」である。そのため、重要文化財建造物の指定名称は「岡寺仁王門」「岡寺書院」となっている。「龍蓋寺」の法号は龍蓋池に封じた竜の説話に由来するそうな。

何と歴史ロマン好きの俺はこういう話大好きなんです!もう胸がぞくぞくワクワクします。(^_-)-☆
またその閉じ込めた池や押さえてる石も残ってると言われると本当にワクワクです!見て写真撮ってきましたよ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

西国三十三箇所 第8番 「豊山神楽院 長谷寺」 [西国33箇所]

西国三十三箇所ツアー行ってきました!今回は梅田発8時10分発で阪急交通社のツアーです。
一番最初に行ったのは藤井寺市の葛井寺でした。これは依然3月に参加した神姫バスのツアーで行き
紹介してるので、長谷寺から紹介します!
8banhasedera.jpg

当日は朝から雨模様で大変でした!ずっと小止みなく降り続きせっかくのお詣りに水を注されてしまいました。
今回は5番 葛井寺、6番 壺阪寺、7番 岡寺、8番 長谷寺、番外 法起院の5ヶ寺でした。

番外の法起院さん以外はとても立派な由緒あるお寺でした特に今日紹介する長谷寺は牡丹でも有名なお寺でお詣りするとご覧のとおり立派な屋根付きの渡り石段や紫陽花の花等が有って、これは牡丹の時期に是非来てみたいと思いました!

さて長谷寺は、奈良県桜井市初瀬にある真言宗豊山派総本山の寺。山号を豊山神楽院と称する。本尊は十一面観音、開基は僧の道明とされる。西国三十三所観音霊場の第八番札所であり、日本でも有数の観音霊場として知られる寺紋は輪違い紋である。

大和と伊勢を結ぶ初瀬街道を見下ろす初瀬山の中腹に本堂が建って居ます。初瀬山は牡丹の名所であり、4月下旬~5月上旬は150種類以上、7,000株と言われる牡丹が満開になり、当寺は古くから「花の御寺」と称されている。

また『枕草子』『源氏物語』『更級日記』など多くの古典文学にも登場する。中でも『源氏物語』にある玉鬘の巻のエピソード中に登場する二本(ふたもと)の杉は現在も境内に残っている。

大和七福八宝めぐり(三輪明神、長谷寺、信貴山朝護孫子寺、當麻寺中之坊、安倍文殊院、おふさ観音、談山神社、久米寺)の一つに数えられる。

長谷寺の創建は奈良時代、8世紀前半と推定されるが、創建の詳しい時期や事情は不明である。寺伝によれば、天武朝の686年、僧の道明が初瀬山の西の丘に三重塔を建立、続いて727年、僧の徳道が東の丘(現在の本堂の地)に本尊十一面観音像を祀って開山したというが、これらのことについては正史に見えず、伝承の域を出ない。

847年12月21日に定額寺に列せられ、858年5月10日に三綱が置かれたことが記され、長谷寺もこの時期に官寺と認定されて別当が設置されたとみられている。なお、870年に諸寺の別当・三綱は太政官の解由の対象になることが定められ、長谷寺も他の官寺とともに朝廷の統制下に置かれた。

それを裏付けるように10世紀以後の長谷寺再建に際しては諸国に対しては国宛を、諸寺に対しては落慶供養参加を命じられるなど、国家的事業として位置づけられている。

長谷寺は平安時代中期以降、観音霊場として貴族の信仰を集めた。1024年には藤原道長が参詣しており、中世以降は武士や庶民にも信仰を広めた。

長谷寺は東大寺(華厳宗)の末寺であったが、平安時代中期には興福寺(法相宗)の末寺となり、16世紀以降は覚鑁(興教大師)によって興され僧正頼瑜により成道した新義真言宗の流れをくむ寺院となっている。

1588年、豊臣秀吉により根来山(根来寺)を追われた新義真言宗門徒が入山し、同派の僧正専誉により現在の真言宗豊山派が大成された。近年は、子弟教育・僧侶(教師)の育成に力を入れており、学問寺としての性格を強めている。

十一面観音を本尊とし「長谷寺」を名乗る寺院は鎌倉の長谷寺をはじめ日本各地に多く240寺程存在する。他と区別するため「大和国長谷寺」「総本山長谷寺」等と呼称することもある。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行