So-net無料ブログ作成
こちらと姉妹サイトに成りますエンジョイショッピングナウ!のホームページ版リニューアルしました。 ページも見易くワイドに成りました。
エンジョイショッピングナウ♪2018年2月17日春物掲載リニューアル完了!
こちら同様多数ご来店下さい!上の文字リンクからお入り下さい。

西国三十三ヵ所 第33番 滋賀県「巌金山 宝厳寺」(竹生島観音) [西国33箇所]

若いころからこの島に渡って見たいと思ってましたが、なかなか行くことが出来ず、この歳に成りやっと念願が叶いました。
しかしここに行くのに大変なミスをして、観光スケジュールが無茶苦茶に成りました。でも最終的には行けたので良としてお参りし朱印を頂き帰参しました。
どんなミスかと言うと初歩的なミスで、京都駅で新幹線から湖西線に乗り換え近江今津まで行くのですが誤って東海道線に乗ってしまったのが1つ2つ目は湖西線の起点が大津駅だと思い込みしてしまって大津まで行ってしまいました。
実は湖西線の起点は1つ手前の山科駅だったのです。東海道線に乗っても此処で降りておけば私が乗るはずだった電車に乗れたのです。
慌てて大津から山科まで引き返しましたが間に合わず・・・とほほ・・・予定の船の時間に間に合わず一便遅れてしまい良い温泉宿のチェックインが遅くなりゆっくり温泉に入れませんでした。
折角きめ細かにスケジュール組んだのに水の泡に成って相方に申し訳なくて何回も謝りました。いまだに悔しくて成りません。(-。-;)
32hogonji.jpg

宝厳寺(ほうごんじ)
真言宗豊山派、巌金山の号を持つ、西国三十三観音霊場第30番札所。本尊の大弁財天は、江ノ島・宮島と並ぶ「日本三弁才天」の一つです。
都久夫須麻神社に続いている舟廊下は、豊臣秀吉の御座船を利用して作られたもので、国の重要文化財になっています。その入り口に立つ唐門は国宝であり、こちらは京都東山の豊国廟から移築されたものです。
奈良時代、聖武天皇の勅命を受けた高僧行基が、国内安穏、国家鎮護の祈りを込めて小堂に四天王像を安置したのが始まり、と伝えられています。

私達の泊まった宿はおごと温泉湯元館ですとってもいい宿でしたお勧め度の高い宿です。

湯元舘は、滋賀県大津市の琵琶湖西岸の雄琴温泉にある1929年創業の老舗温泉旅館。雄琴温泉最初の旅館である。琵琶湖畔の雄琴温泉で最初に創業した老舗温泉旅館として知られ、1968年には政府登録国際観光旅館に認定された。浴場は全部で7つの浴場で湯めぐりが出来温泉好きには堪りません!

雄琴温泉自体は約300年の歴史を持つ温泉で最澄により開湯されたとされる。過去に4度の経営危機に見舞われながらも、独自の経営理念と手腕により乗り越え、2000年8月には旅館業単体としては日本で初めて環境マネジメントシステムISO14001を認証取得した。

私達が泊まった客室は離れのお部屋「葭蘆葦」(かろい)に宿泊しました。何から何まで申し分なしでした。
和室60室、洋室1室、和洋室8室、計69室、屋上露天風呂などを持つ。経営母体である株式会社湯元館としては他に雄琴温泉「湯の宿 木もれび」、湯の花温泉「翠泉」、京小宿「ゆとね」、「とりでん堅田店」、「とりでん南草津店」なども経営しています。

お料理はメインに近江牛のステーキなど正に至福の一時の料理で大満足でした。一生に一度はこんな贅沢も自分へのご褒美に如何でしょうか?

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

栃木県 華厳の滝&中禅寺湖 [旅行]

華厳の滝は、栃木県日光市にある滝。発見者は勝道上人と伝えられ、仏教経典の1つである華厳経から名づけられたといわれています。華厳渓谷周辺では他に阿含滝、方等滝、般若滝、涅槃滝もあることから、五時の教判から、それらと同様に命名されたものと考えられています。

男体山の噴火により堰き止められた中禅寺湖からの地表を流れる唯一の流出口大谷川にある滝。落差97mの滝を一気に流れ落ちる様は壮観で、日本三名瀑のひとつにも数えられている。

霧降の滝、裏見滝と併せて日光三名瀑とも、湯滝、竜頭の滝と併せて奥日光三名瀑とも言われ、日光・奥日光の三名瀑を合わせて日光五名瀑と称されることもある。
滝から落ちる水の量は平均3tと言われている多いときは100tになることもある。少ないときは0.3t以下になることもある。
kegonnotaki.jpg
大尻川からは水量をコントロールできるようになっていて、下流に水力発電所があり、電力需要や防災等により調節している。

中禅寺湖から漏出した伏流水が中段部分から表出して、十二滝と呼ばれる無数の滝が簾状に並んで流れ落ち、年中を通して涸れることがない。直下型の華厳滝と相まって優れた景観を作りだし素晴らしいです。

滝の下流部には華厳滝が形成した華厳渓谷が続いており、崩れやすい男体山の噴出物を浸食しながら現在の位置へと移動した。一説によれば太古の華厳滝800mほど下流にあった。1986年には滝口の一部が崩落した。観光に配慮して外から見えないように、危険な崩落の進行を防止する補強工事がされている。

滝付近の大谷川北岸には観光客向けの有料の華厳滝エレベーターが設置されており、エレベーターで降りた観瀑台からは滝壷を正面間近に見ることができます。これは希望者だったので急いでエレベーターで降りてみました。また、エレベーターの駐車場がある渓谷北岸から見下ろす位置にも観瀑台が設けられているほか、第二いろは坂の中腹から明智平ロープウェイが通じている明智平から眺めることもできる。やや遠方にある明智平の展望台からは、中禅寺湖や男体山を滝と共に一望することができる。

2泊目のお泊りは草津温泉です私達の宿は草津温泉ホテルリゾートでした。草津温泉の湯畑より10分位かそれ以下かも・・・上に上がったようです。
ホテル外観全景
お部屋一例洋室ツイン
お風呂宿自慢の露天風呂
お料理



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

栃木県日光市 「日光東照宮」の見どころ [旅行]

かなり以前から一度は訪れてみたいと思っていた憧れの日光東照宮ですが、まだ未だに改修工事をされている場所が有りました!観光バスが到着すると直ぐに日光東照宮専用ガイドさんが案内を務めてくれます。一般個人は難しいかも分かりません!ガイドさんに付いて歩くのも大変でした。観光客がいっぱいで歩き辛く付いていくのがやっとです。途中ガイドさんが何処に行ったか分からなくなり大変でした。
tousyougu.jpg

日光東照宮は、日本の関東地方北部、栃木県日光市に所在する神社。江戸幕府初代将軍・徳川家康を神格化した東照大権現を祀る。

日本全国の東照宮の総本社的存在である。正式名称は地名等を冠称しない「東照宮」であるが、他の東照宮との区別のために、「日光東照宮」と呼ばれることが比較的多いそうです。

その歴史は少なくとも源義朝による日光山造営までさかのぼり得るもので、源頼朝がその母方の熱田大宮司家の出身者を別当に据えて以来、鎌倉幕府、関東公方、後北条氏の歴代を通じて、東国の宗教的権威となっていた。こうした歴史を背景に、徳川氏は東照宮を造営したと考えられています。2泊目のお泊りは草津温泉です私達の宿は草津温泉ホテルリゾートでした。草津温泉の湯畑より10分位かそれ以下かも・・・上に上がったようです。
ホテル外観全景
お部屋一例洋室ツイン
お風呂宿自慢の露天風呂
お料理



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

鬼怒川温泉「鬼怒楯岩大吊橋」 [バスツアー]

新大阪駅7時44分発の在来特急サンダーバードに乗りいざ金沢へその金沢に
行くまでに私達にハプニング!実は私が席ででちょっとしたへまを
してペットボトルのお茶を列車の床にこぼしてしまったのです。

私は直ぐに下着のシャツでも良いから拭こうと言ったのですが
「私達が我慢すれば良いことですから、このままでいいのじゃない?」というので放って
置いたのですが不味いことにこのお茶が前の席に下まで流れたのです。

すると前のお客さんが騒ぎ出し「黙っていたのでは駄目だろうどうして
言わないのだ?」と怒られてしまいました。

私たちは直ぐに下着のシャツをリュックから出して床を拭くと同時に
前のお客さんに丁重に謝りました。そしたらこのお客さん凄く気のいい
お客さんでそれ以後は親しく話しかけられました。

さてサンダーバードが金沢に着くと今度は北陸新幹線に乗り換え「はくたか」「上越妙高駅」まで約1時間ちょっとでした。
kinutateiwa.jpg

「上越妙高駅」から長野交通の観光バスにて鬼怒川温泉までかなり長いバスの旅でした。鬼怒川温泉に着いて鬼怒川の大吊橋を見に行きました。
鬼怒楯岩大吊橋と言うらしいです。1泊目鬼怒川温泉で私達が泊りの宿はものぐさ宿ホテル花千郷でした。
ホテル外観玄関付近
お部屋一例和洋室
お風呂男性用大浴場

お料理一例基本




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

北海道 函館「トラピスチヌ修道院」と湯の川温泉 [旅行]

1898年フランスのトラピスチヌ修道院から派遣された8名の修道女によって設立された。一度修道女となれば、壁内、囲い中のみの生活となり俗世から完全に隔離された世界に住むらしい。
torapichinu.jpg
壁の外に出るのは、選挙などに限られて、一生を神に捧げ、厳格な戒律に従い、共同生活に入るそうです。

祈り、読書、そして農作業などの労働が生活の中心となり会話は必要最低限に限られ沈黙が義務づけられている。朝3時30分起床。夜7時45分就床だそうでかなり厳しそうです。
現在女子修道院62名 会員数約5千名。(平成15年3月15日)
お泊りは函館の湯の川温泉が近いです!宿は平成館海羊亭がおススメです。
温泉街
函館の市街地に温泉街がある。函館空港までは車で約5分のアクセスになっており、五稜郭や函館駅への交通機関も充実している。

湯倉神社の境内下には「湯の川温泉発祥の地碑」があり、足湯は湯の川温泉停留場近くの「湯巡り舞台」と函館市熱帯植物園にある。

湯川黒松林は1889年から金森洋物店創業者の渡辺熊四郎が私財を投じて造林した北海道内で最初の防風林・防砂林であり、約900本のクロマツがある。毎年、お盆明けに『湯の川温泉花火大会』を開催している。
湯の川の語源は、アイヌ語の「ユ(湯)+ペツ(川)」に由来しているというのが定説である。1453年には湧き湯を見つけた木こりが負傷した際に腕の痛みを湯治して癒していたという。 後に薬師如来を作り、小さな祠を建てて祀ったことが湯川村薬師堂(現在の湯倉神社)の発祥と言われている。1653年、後に松前藩の藩主となる松前千勝丸(松前高広)の難病治療のために母親の清涼院が千勝丸を湯治させた。

まもなく千勝丸は全快し、翌年にお礼として湯川村薬師堂に知内産の黄金で作った薬師尊像と鰐口を奉納したことが湯の川温泉の発祥と言われている。

なお、鰐口は湯倉神社に現存しており「奉掛薬師堂松前千勝丸敬白甲午承応参年正月吉祥日」、裏に「国次作」と刻まれている
ホテル外観全景
お部屋一例
お風呂・展望大浴場
お料理はバイキングイメージです!



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行